躯体改修工法

キクスイ BR工法

特長

  1. 中性化・塩害・アルカリ骨材反応による鉄筋コンクリートの損傷部分を補修することができます。
  2. コンクリート構造物の劣化を抑制するだけではなく、本来の機能を回復させます。
  3. コンクリートの劣化状況・目的等に応じて様々なシステマチックにコンクリートの機能性回復を行うことが可能です。

用途

  1. 一般建築物の内外装

基本情報

躯体の状況により、使用材料・施工方法が変動します。

ファイル名称 ファイル形式
パンフレット PDF PDFファイル ダウンロード
  • よくある質問
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • ページトップ