下地調整塗材(C-1相当)用環境配慮型剥離剤

責任施工(アスベスト研究会会員限定製品)

ムキベストⅠ

特長

  1. 下地調整材C-1相当下地に対応、仕上材を剥がす工程と同時に下地調整材を剥がす事可能です。
  2. 強臭で毒性の高いジクロロメタン(塩化メチレン)を含まない非塩素系剥離材です。
  3. 生分解性の材料を使用していますので、バクテリアによって無害化されます。
  4. 従来の剥離剤と違い、既存塗膜を溶解させるのでなく軟化膨潤させますので簡便かつ容易に剥離させます。
  5. 責任施工(アスベスト研究会会員限定製品)になります。

用途

  1. 建築用仕上材及び下地調整材C-1相当の剥離
  2. 土木・建築用塗料の剥離

基本情報

主成分 エステル類有機化合物剥離剤
荷姿 16kg/缶
塗付量 下表に記載
希釈液 無希釈
施工方法 ローラー塗り/刷毛塗り ※吹付け施工はできません。
施工器具 ウールローラー/刷毛等
設計価格 材料のみ 36,400円/16kg
ファイル名称 ファイル形式
パンフレット PDF PDFファイル ダウンロード

既存塗膜の種類と標準塗付量

既存塗膜の種類 塗付量(kg/㎡) 放置時間
セメント系下地調整材(C-1相当) 0.5~ 24時間以上
外装薄塗材E(アクリルリシン) 0.5~ 6~12時間
防水形外装薄塗材E(単層弾性) 0.7~ 12~24時間
防水形複層塗材E(弾性タイル) 0.9~ 12~24時間
複層塗材E(アクリルタイル) 0.7~ 12~24時間
複層塗材RE(水系エポキシタイル) 1.2~ 24時間以上
外装厚塗材E(アクリルスタッコ) 1.2~ 24時間以上

※上記の各数値は、既存塗膜単体の場合のものです。改修塗膜の場合は塗付量および放置時間が増える可能性があります。
 必ず予めテスト施工を行ない、軟化の程度、塗付量・放置時間を確認、決定してください。

  • よくある質問
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • ページトップ