キクスイのサポートの3大ポイント

  • Point1 原状回復 + α = リノベーション

    修繕を怠ると、建物の劣化・不具合が進行し、建物の寿命は短くなってしまいます。計画的な修繕は、建物の寿命を保ちます。さらに、+αのリノベーション工事を行うことで、資産価値を維持・向上させることも出来ます。

    +αの工事とは?

    安全性の向上: 耐震・バリアフリー・防犯など
    利便性の向上: 設備更新・省エネ・用途変更など
    デザイン性の向上: カラーコーディネート・意匠変更など

    イメージ画像
  • Point2 リノベーションを足元から支えます

    リノベーション工事で資産価値の維持・向上をさせるために、最も大切なことは、建物そのものの、「安全性」と「耐久性」を維持させることです。キクスイは躯体の寿命を延ばすことで、リノベーション工事を足元から支えます。

    イメージ画像
  • Point3 建物の寿命を考える~下地から仕上げまで~

    建物の寿命を決めるのは躯体の状態です。傷んだ下地にどんな高級な仕上げを施しても、すぐにまた傷んでしまいます。躯体の不具合を直した上で、仕上材で如何に保護していくか、これが建物の長寿命化のポイントです。下地調整材から仕上材まで、一貫して製造販売しているキクスイは、躯体保護のプロフェッショナルです。

    イメージ画像

キクスイサポート体制

大規模修繕工事の流れと、キクスイのサポート内容を紹介します。
それぞれの段階で、コンサルタントや施工業者と共に必要なお手伝いを致します。

  • Step1 建物の状態を知る

    下地から仕上げまでのプロだからこそ、躯体の不具合を的確に判断し、最適な補修方法をご提案いたします。また、下地から仕上げを同一メーカーにすることで、不具合の再発防止、 建物の長寿命化を考えた仕様を組むことが出来ます。

    一般的な流れ キクスイのサポート内容
    1
    修繕委員会の設置

    修繕のスタートです。

    直接のご相談・お問い合せも随時承ります

    2
    コンサルタントの選択

    修繕のプロの相談者を選びます。

    • 設計士
    • 改修業者
    • 管理会社

    仕上げに関するアドバイス

    3
    調査診断

    建物の状態を調べます。

    ・建築-躯体、仕上げ、防水、シーリング
    ・設備
    ・セカンドオピニオンとして調査・診断・相談も承ります。

    調査協力 防水・シーリング材メーカー協賛

  • Step2 工事の内容・方法を決める
    一般的な流れ キクスイのサポート内容
    1
    修繕計画・基本設計

    コンサルタントと共に、予算・工期・工事内容など具体的なプランを練ります。

    • コンサルタント

    仕様選定のアドバイス

    2
    工事請負業者の選択・工事発注
    • 設計士
    • 元請業者

    施工法説明・見積

  • Step3 工事の内容・方法を決める
    一般的な流れ キクスイのサポート内容
    1
    • 元請業者

    着工(工事開始)

    2
    説明会

    いつ、どんな工事をするのか、住民の方への注意事項など説明。

    • コンサルタント

    説明会

    3
    試験施工・各種検査

    塗布量・パターン・施工道具など、現場に最適な仕様を試し塗りにて決定。その他、現場で試験が必要なものは事前に確認。

    • 元請業者

    施工指導

    4
    竣工(工事終了)
  • Step4 アフターケア
    一般的な流れ キクスイのサポート内容
    1
    工事総括・修繕計画見直し

    今回の修繕を受けて、今後の長期修繕計画を立て直す。

    • コンサルタント

    メンテナンス方法等のアドバイス

    2
    アフター点検・補修

    修保証書の取り交わし。コンサルによる定期点検。

    • コンサルタント

    保証書等、書類提出

  • よくある質問
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • ページトップ